FC2ブログ
プロフィール

marimorima

Author:marimorima
魅力的な音楽とおいしい食べ物を求めて旅してます。

 
最新記事
 
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリー
 
アーカイブ
 
キーワード

ギア 

 
検索フォーム
 
アクセス数
 

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました☆
モロッコ
旅行口コミ情報

立ち寄り白樺リゾート

Sun.18.09.2016 0 comments
車山肩から30分ほど車を走らせると、一大リゾート白樺湖がでーんと現れます。
温泉・卓球・プール・ボーリング・遊園地・湖・ホテル・レストランなんでもござれ。
お盆のためか、家族連れでごった返していました。

わたしたちの目的は、もちろん温泉!
ここは露天風呂が混浴になっており、全員水着を持参してinします。
露天のほかに洞窟風呂なるものもあり、
滝壺風打たせ湯やマグマ風ジャグジーが出現。
ちょっとバブルっぽい笑?

ひととおり温まっていい気分になったところで、お食事へ。

TV観たことないけど大好きなプリキュア。
白樺リゾート

プリキュアランチ。ブチあがる娘。
お子様ランチ

ただ、彼女は和食が好きなので、お子様向けヘルシーメニューがあればよいのだけど
こういうとこって大概ハンバーグとケチャップライスなんだよね。
結局食べきれず親が食べる羽目に。

最後は白鳥ボートに乗りました。ひときわ目立っていたブラックスワン。
白樺リゾート

 
スポンサーサイト



ふたたび車山肩へ

Mon.12.09.2016 0 comments
出発前の朝食は、宿が用意してくれたトーストとコーヒーで。
早寝早起きしてつるりとした面々が広間に集まり、そろって食事をいただきました。

お世話になりました!行ってきまーす。
ヒュッテみさやま

見渡す限りの緑と青空。
霧ヶ峰

2日目の娘は根性が残っておらず、歩き出してすぐ休憩。
霧ヶ峰

だいぶ歩いてきたけど、あとどのくらいあるんだろうの図。
霧ヶ峰

私が一緒に歩いていると、娘の甘えが炸裂して前に進まないため
一足先に車山肩まで歩き、友人たちとのんびり待っていました。

最後は急坂!頑張れー
車山肩

最後はアイスクリームの歌を歌いながら上機嫌でゴール。
車山肩

お疲れヤマでした!信州名物の地ビールとぶどう水とともに。
車山肩

 

八島ヶ原湿原でBBQ

Mon.29.08.2016 0 comments
物見岩から先は、ゆるやかな下りが続き、
しばらくすると本日の宿泊地、八島ヶ原湿原に到着。

さっきまでの青々とした雰囲気から一転、静かな湿原が見渡す限り広がります。
うっすら夕日がさす湿原の景色。もう、これは桃源郷としかいえない。
八島ヶ原湿原

湿原に到着してから30分ほどで、宿が見えてきました。
ヒュッテみさやま

ここまで、食事休憩なども入れて行動時間は4時間半。
途中、昼寝で背負子に乗った30分強を除いて、歩き通した娘の成長ぶりにうっすら涙が・・・(親バカ)。


宿に着くと、素敵な看板がお出迎え。
ヒュッテみさやま

古いけれども、手入れの行き届いたおしゃれな山小屋です。
ヒュッテみさやま

気温は18度。涼しいね。
盛夏でこんな感じなので、当然冷房なんかはありません。
ヒュッテみさやま

テラスから見える景色。
ヒュッテみさやま

事前に送っておいた食材で、夜は豪華にBBQスタイリー!
ヒュッテみさやま

〆はスイカで。
ヒュッテみさやま

蝶々深山と物見岩

Sat.27.08.2016 0 comments
気づけば暗い雲が移動して、晴れ間が出てきてくれました。
蝶々深山

蝶々深山に到着。
後ろの方に車山山頂の観測レーダーが見えます。
蝶々深山

蝶々深山

再出発すると、またこんな素敵な感じ。
蝶々深山

晴れやかな景色とは裏腹に、疲れと昼食後の睡魔とで娘が動けなくなり
こんな時のためにと、一応持ってきていたオスプレーの背負子に乗せて昼寝。
去年より2kgほど重い15㎏を背負って登るのは
いくらハイキングコースとはいえ結構な修行。
パパ、毎度おつかれさまです。

車山山頂から1時間半、ようやく物見岩に到着しました。
物見岩

車山山頂から物見岩へ

Tue.23.08.2016 0 comments
大人は車山肩から40分で山頂に到着。1,925m。
娘(4歳1か月)は、パパと2人でちょうど1時間かけて山頂着。
コースタイムの2倍はかかると覚悟してたけど、1.5倍で行けました。
車山山頂

車山山頂には気象レーダがあり、目立つので2日間通して目印に。
車山山頂

車山は日本百名山(深田久弥著)の一つ。
もう百名山といえばひと筆書きって感じですが、彼の番組では何かと荒天が多いイメージ。
山はそういうものなんだろうけど。
たしか霧ヶ峰でも荒れてたよな~と回想してたら
さっきまで晴れてた空が急に暗くなり始めました。

ランチを兼ねてだいぶのんびりしてしまい、すっかり重くなった腰を持ち上げて先を急ぎます。

車山神社。
車山神社

山頂から白樺湖を見下ろす景色。リフトで車山高原まで下ることもできます。
車山山頂

私たちはリフトを尻目に歩いて進みます。
蝶々深山

topTop - Next Page »